オンライン英会話探訪録

実用的な英会話に関する教材・テキスト・オンライン学習などを探して試して実践して紹介もしているウェブログ、活動日記です。日常レベルに達したらニュージーランド移住が目標!

MEP

喋りのシュミレーション始めませんか? M・E・P マッスル・イングリッシュ・プログラム

ブログネタ
英語を学ぼう! に参加中!
英語を喋れない方限定となりますが、英語を喋る感覚を身につけることから始めてみませんか?
    
9年間英語が身に付かなかった、夏目さんは、英語を操る感覚は教科書など紙の上からではなく、筋肉から発生していることに気づかれました。

喋りの感覚は、教科書などの紙の上からは得られないという明白な事実を悟ってしまったのです。そして、英語の筋肉を鍛えることに、勉強の方法を切り替えてみたんです。

すると、9年間かけても、英語は訳のわからないままだったのに、次の28日間で、英語をマスターしてしまったのです。

英語の筋肉を鍛えることで、喋る感覚をものにし、「どうすれば、英語が話せるようになるのか」が手に取るようにわかるようになったのでした。

確かに、喋る感覚さえ身に付ければ、実際に喋り出すようになりますね。

この方法(筋肉メソッド)で英語をマスターされた方がいます。

それが喋りのシュミレーションです。

2つの簡単なエクササイズを毎日行うことにより、喋りのシュミレーションを日々やって行くわけです。

それを通じて、英語の筋肉を獲得し、実際に喋る感覚をマスターしていきます。

つまり習得が早いわけです。
喋りそのものを身に付けてしまうわけですから。


他の実践者の方は
 自分の英語能力は、少なくても5年分は開花しているように感じます。
 英語も日本語も同じなんだなと実感出来たことなんです。
 インナーマッスルには、何でも日常化して行く、計り知れない可能性がありそうです。
 私もマッスル・イングリッシュ・メソッド(MEP)を学び、英語瞬間生成をマスターしました。
 出来れば、本プログラムと受験前に出会いたかったです。そうしたら、受験の結果も全く違っていたと思います。
 
皆さん、大きな変化を経験し、英語を身につけられたみたいです。

メールマガジン大手のまぐまぐ、その英語のメルマガ ランキングNo.1の藤永先生によると

−耳、口、頭の(筋肉の)バックグラウンドで働いている要素を理論的に言うと、一見関係なくみえる各筋肉の一つ一つの動きが、三者でお互いに補完し合い、コミュニケーションという、筋肉とは全く関係なく思える高いレベルのことを可能にしているのです。
英語で言うところのQualitative change(定性的変化)です。−

との解説です。

正にその通り!
藤永先生はメルマガNo.1の方ですから、言いたかったことを全て表現されてますね。

英語の筋肉を鍛えると、コミュニケーションというレベルにジャンプ出来ます。凄いことですね。

夏目さんの方法(筋肉メソッド)が気になる方は、是非ともMEPのホームページをご確認下さい。
ホームページを読むだけでも、英語習得のイメージが変わると思います。

ホームページはここから

≫ http://www.infotop.jp/click.php?aid=10039&iid=34248&pfg=1


 

『英語の万能薬』 マッスル・イングリッシュ・プログラム

ブログネタ
英語を学ぼう! に参加中!

マッスル・イングリッシュ・プログラム(MEP)は、まさに英語習得の万能薬ですね。

マッスル・イングリッシュ・プログラム実践者たちの声をみるとワクワクしてきます。

 ・頭の中が真っ白になってしまっても、英語って話せるものなのですね!
 ・語順等、何も考えていないのに、口が勝手に動いていることが多々ありました。不思議な感覚とともに、快感です。
 ・誰でも、飛躍編を終える頃には、日本語の方言を吸収する感覚で、英語を扱えるのだと思います。
 ・この感覚こそが、バイリンガルの人が持っている感覚なのでしょうか。

 ・Simply great ! I am happy now.
 ・I don't know when, but suddenly a switch is on.

英語で感想を書いている方もいますね。凄いことです。

英語習得にはいろいろなアプローチがあると思いますが、今まで、いろんな偉い先生が作った教材を試したけどダメだった方、そもそも勉強が好きでない方、すぐに喋り出したい方、MEPはそんな方にピッタリです。

単語とか、文法とか、そんな個々のノウハウ、細かい話は、あと回しにしましょう。

MEPを使って、言葉をあなたに呼び寄せるのです。
英語の筋肉を通じ、喋る感覚が、英語を引き寄せます。

まずは言語習得で一番重要な

 ・リスニング
 ・○○○○○ を習得し

英語を喋る感覚を身に付けましょう。

喋る感覚は、英語の万能薬となり、あなたの英語習得を強力に加速してくれます。

28日後に、微笑んでいるのは、1日30分のエクササイズをしたあなたです。

マッスル・イングリッシュ・プログラムは、ここからご確認頂けます。
  ↓
http://www.infotop.jp/click.php?aid=10039&iid=34248&pfg=1


ご興味のある方は、実践者の声を確認してみて下さい。
MEPにより人生を変えたファンが沢山います。

【MEP】マッスル・イングリッシュ・プログラム 英語=筋肉

興味深い切り口で、かつ今人気上昇中らしい教材、あの藤永丈司先生も推薦の「マッスル・イングリッシュ・プログラム」というe-bookをシェアしておきたいと思います。

開発運営者はオラクル英語研究所の夏目雅浩さんという方です。
(運営管理者欄には夏目リシェルとあるんですが・・・これはもしかして、奥さんが外国人で、奥さんを管理者名にされてるのかな?)

ま、それはさておき、 英語 筋肉
とてもおもしろいコンセプトですね。まずはプレ・レターをメールでいただきましたので、そちらをどうぞ


どうして焼き鳥屋のおばちゃんが英語を話せて、わたしは全くダメだったのか?
実践者からぞくぞくと上がる驚愕と感謝の声! 英語習得を貫く方程式!

「英語」=「筋肉」です。
「英語」=「勉強」ではありません。だから、誰にでも出来ます。
日本ではこのことが無視され続けています。

▼ いくら勉強してもどうしたら英語が身につくのか、その感覚が全くわからない。
▼ そんな状態が、いつまでも続いている。
▼ 自分には英語は無理だと諦めかけている。

こんな悩みのある方は必見です。

10年も英語を勉強してきたのに、英語が話せない?!
私も、その中の一人でした。

しかし・・・
筋肉メソッドに変えた後は、英語の方が私に押し寄せてきました。
そして僅か28日後、英語をマスターしていました。

もう無駄な時間と費用を費やすのはストップしませんか?

僅か28日間で、英語筋肉により誰でも英語をマスターすることが出来るノウハウを緊急限定公開中!

大反響!
実践者の口コミで瞬く間に広がり、現在反響を呼んでいるノウハウを知りたい方はすぐにクリック

英語習得の万能薬 ココだけにあります!
>>> M・E・P

※限定公開数、残り僅かとなっております。


以上がプレデター、、、いやウェブページへの推薦メールからのプレレターです。

ポイントを要約すると、本ページにもありますが、そこから引用して

英語を聞いたり、話したりするには、日本語と違う筋肉が必要なことは、既に一般的に知られていることです。

しかし、筋肉がないと物理的に上手く喋れないことは、すっかり忘れられており、誰もそう考えていないようです。

おかしなことだと思いませんか。

少し、考えてみて下さい。

しなやかに筋肉を鍛えたプロのサッカー選手と、サッカーのテクニックを山ほど知っている筋肉のないファンの人が試合をしたら・・・試合にすらなりませんよね。

物理的な話として、それは単純に筋肉がないからです。

そして、サッカー選手のように使える筋肉を鍛えると言うことは、そのまま、使えるテクニックを身につけると言うことです。

ドリブルの練習をしなくてはいけないのに、屈伸運動をしても効果はでません。

非常に重要なことですが、わかりますか?

ってことです。

いかがでしょ?
勿論、あとは合う合わないとか、もろもろこれまでの経緯とかで、希望に合致するものなのかどうか、という判断・検討の余地はあろうかと思われますが。
ただ、数に限りがあるようなので、その辺だけご留意のほどを

頑張りましょ!

マッスル・イングリッシュ・プログラム

Archives
Recent Comments
Search
livedoor プロフィール

hayato

TagCloud