オンライン英会話探訪録

実用的な英会話に関する教材・テキスト・オンライン学習などを探して試して実践して紹介もしているウェブログ、活動日記です。日常レベルに達したらニュージーランド移住が目標!

英語脳

バイノーラル特殊音源

英脳プログラムは消去されています。

バイノーラル特殊音源

日本語の言語能力を抑制し、英語を英語のまま脳内に送り込んで、脳内に新たな英語領域を構築することを可能にする、という。

この特殊音源をCD化してプレゼントしてくれているのが、こちら


脳科学者『茂木健一郎』氏も取り上げた英語教材【英脳プログラム

続きを読む

瞬間英語生成「英語」=「筋肉」 マッスル・イングリッシュ・プログラム

ご愛顧感謝キャンペーンのお知らせ。
感謝の気持ちを込め、今月5月は追加にて2つのプレミアム特典をご提供中!!

(詳細は本ページ後半にあります、プレミアム特典部をご確認下さい。)
この機会に是非無料にてお受け取り下さい。

本文ページより

既にご存じの方は購入を決意されるきっかけに。
そして、初めての方は新たな挑戦へのステップアップに。

3Daysキャンペーンは特別価格
さらにプレミアム特典も・・・

本文ページを下へスクロールされて凡そ3分の2ほどに掲載

1日30分、28日間で英語をあなたのものに!!

PS
期間限定ですのでご了承くださいませ

英語でやりとりしたきゃ英語で考えなきゃ

最近ごぶさた

でも、地道にやってはいます。

NZ生活はちょっと遠のいてますが・・・。

ここしばらくBS1の同時通訳ニュース?にはまってます。

そして改めて思いました。

英語でやりとりしたかったら、和訳する前に、英語で考えなくてはいけないな、って。

本当の意味での英語脳ってやつでしょう。

どうしても日本語に置き換えてしまう。癖になってる。自然に日本語フィルターが幕を張っているんですよね。

ここから取り除く訓練からしなおさなきゃいけないのかもしれません。

英語に対しては 英語で!

まずこれを叩き込まなきゃ よし!

 I try it.

英語脳作り

ただいま、自分なりの英語脳活性化を図るべく、カテゴリー別集中学習っていうのを実践しています。

早い話、自分はあれこれもというのが苦手なタイプなので、単語暗記なら単語暗記だけに絞り、英語耳を養うのにネイティブスピークを聞くなら聞くで、時間割で、それだけに的を絞って徹底的に頭に叩き込む、というやり方をしています。

結構これがいい感じです。
自分にはあっているようです。

ただここで大切なのは反復練習を忘れずに行うこと、です。
年齢が年齢だけに物忘れのスピードが半端じゃなく速い・・・。

けど、負けませんよ!

加護ちゃんも頑張ってるみたいだし
 アメリカンスクール卒業をめざして!

PS
何にせよ、反復している分、非常に時間がかかります。
遅いです、学習進捗度合いが・・・・・。ま、致し方なしですがね

ケント・ギルバートさんのブログ「ケント・ギルバートの知ってるつもり」と共に・・・英語脳育成を

アメーバブログにあったんですね。
ケント・ギルバートの知ってるつもり ” by Ameblo

ついぞ、同氏の名前で検索してみることなど、今の今まで考えもしませんでした。
が、実際やってみたら、簡単にヒット。あらら
チラッと閲覧、読んでみたら、案外おもしろかったり、勉強になったり、ラジバンダリ・・・?

リンクしておこうか、どうしようか迷ってます(´・ω・`)


英語業界に大旋風・・・ケントギルバート氏も唖然!
ネイティブも驚愕したあの噂の英語教材が遂に限定公開スタート
TOEICや英検対策といった小さいレベルの話ではありません。

英語が全然分からない人、そして次の悩みがある方は必見です!

▼ 英単語や熟語が覚えられない
▼ どんな勉強をしても、英語が上達しない
▼ 英語は無理だと諦めている

もう無駄な費用時間を費やすのをストップしませんか?

最短7日間で誰でもバイリンガル脳を身につける事が出来るノウハウを緊急限定公開中です。

大反響! 実践効果が反響を呼んでいるそのノウハウを知りたい方は
直ぐにクリック↓
http://english7daysprogram.com/combine1

更に先着100名に9800円相当の無料特典付き

ケントも驚き!

英語脳をつくるのは成長してからでは遅いのか?

一般的に英語脳を創るには早いほうがよい、と言われています。つまり幼児教育の段階から英語になじむ環境をつくるのがいいと。

では、成長し、大人になってしまってからではもう遅いものなのでしょうか。まして壮年、老年になってからでは英語を習得し話せるようになることなど全く無理なことなのでしょうか。

しかし、自分は決してそんなことはないと考えます。なぜなら知人でかつ年上の方が現実に話せるようになった事実をわたしは知っているからです。しかもその方は少しも苦に感じることなく、むしろ楽しんで学び、話せるようになったと言います。

その人がアドバイスしてくれたことをひとつ
 ・英語(認識:読む聞く)→日本語(脳)→英語(表現:書く話す)

この方式で捉え、英語を理解し話そうとしたら絶対無理だと言うのです。まさに英語脳で考えるということなのでしょう。

ちょっと考えてみましょう。
普段の母国語である日本語を話す過程を想像してみてください。

例えば、たった一個の名詞。モノの名前を言う時、そのモノを目で捉えたら、あとはほぼ無意識のうちに口に出していませんか?

 ← パン ですよね。

でも、英語脳だったらbread(ブレッド)と自然に反応するんじゃないでしょうか?

そして派生してパン屋はbakery(ベイカリィ)だし、bake(ベイク)は、「焼く」という意味の言葉。これらの単語が自然に脳の中に浮かんでくるはずです。これが英語脳だということなのです。これを養い、育てていく。自分の脳を自分で育てていく、ここがポイントだというわけです。

 ・英語(読む聞く)→英語(書く話す)

この間にある脳が英語脳です。この習慣をつくりあげることが大切なのだと。そしてその方が言うには、このスタイルが自分の中に習慣化できたらあとは早い、さらに極端な話をするとそのための教材なんて何でもいいと言うのです。

ま、人間というのはとかく意志の弱い生き物でしょう。ですからそういう意味ではある程度強制的な枠組みに入ってしまった方がいいのかもしれません。

あなたも英語脳を育ててみませんか。


PR
いらない駅前留学!中卒の私が日本の教育形態を否定して、英会話スクールに通わずに1日たった30分、たった27日の勉強で初めてのTOEIC試験840点とったヨーロッパ式英語勉強法

英語は逆から学べ〜英語脳

アマゾンで2008年上期和書人気ランキングを眺めていたら、これに出会った。

英語は逆から学べ!~最新の脳科学でわかった!世界一簡単な外国語勉強法~特殊音源CD付き(全外国語対応)

どうも売れているらしい。

脳機能学者・計算言語学者・計算機科学者・離散数理学者・認知心理学者・分析哲学者
これだけの肩書き(もっとありそう・・・)を持つ、要は大学教授である。苫米地英人氏。とまべちひでと、と読む。珍しい。

ザッと中身を斜め読みしてみると、なるほど、たしかに仰るとおりかもしれない。
ノーム・チョムスキーなる方の名も初めて知った。
 最新著書和訳: 言語と認知―心的実在としての言語

しかし、どうも(ウィキペディアもそうであるように)時として、優秀であるがゆえに容易には受け入れ難いという側面があるのも、これまた事実である。もっと常人にもわかり易く、咀嚼して解説してもらえないもんだろうか。
でもまあ、非常に興味深いことには変わりはない。これまで様々な学習法にトライしてこられた方々には、ある意味異なったアプローチの学習法として参考になるかもしれない、とちょっと思う。アマゾンのサイトでは「なか見!検索」で目次およびトップページを出し惜しみしているので、齧ってみてはいかがだろう。

 



PS
ちなみに著者のブログをライブドアで見つけたのでリンクしておきます。
ドクター苫米地ブログ
Archives
Recent Comments
Search
livedoor プロフィール

hayato

TagCloud