オンライン英会話探訪録

実用的な英会話に関する教材・テキスト・オンライン学習などを探して試して実践して紹介もしているウェブログ、活動日記です。日常レベルに達したらニュージーランド移住が目標!

英語学習

もしケン再開 英語学習番組「もし小学校教師がケント・ギルバートの英語発音をおぼえたら」

英語学習番組「もし小学校教師がケント・ギルバートの英語発音をおぼえたら」が4回にわたって配信されると言うニュースを見つけました。

ケント・ギルバート、英語のライブ授業でPhoneticsからレッスン 情報配信元:リセマム

その配信先のStickamの“もしケン”ページはこちら
>> http://www.stickam.jp/profile/kentg

若干参考までに配信予定を転載紹介しますと
4/1
(金) もし小学校教師がケント・ギルバートの英語発音をおぼえたら
21:00〜 22:00
アメリカ出身の外国人タレントとして多数のTV番組へ出演経験を持つケント・ギルバート氏。実は国際弁護士としての資格を持ち、また日米関係に関する著書も多数出版するなど、多彩な才能を持つ彼の新しい試みとして、英語という言語の特性と日本人の特徴、その双方を考慮した英語学習番組を「スティッカム」にて開始致します。

4/8
(金) もし小学校教師がケント・ギルバートの英語発音をおぼえたら再開
21:00〜 22:00
アメリカ出身の外国人タレントとして多数のTV番組へ出演経験を持つケント・ギルバート氏。実は国際弁護士としての資格を持ち、また日米関係に関する著書も多数出版するなど、多彩な才能を持つ彼の新しい試みとして、英語という言語の特性と日本人の特徴、その双方を考慮した英語学習番組を「スティッカム」にて開始致します。

4/15
(金) もし小学校教師がケント・ギルバートの英語発音をおぼえたら再開
21:00〜 22:00
アメリカ出身の外国人タレントとして多数のTV番組へ出演経験を持つケント・ギルバート氏。実は国際弁護士としての資格を持ち、また日米関係に関する著書も多数出版するなど、多彩な才能を持つ彼の新しい試みとして、英語という言語の特性と日本人の特徴、その双方を考慮した英語学習番組を「スティッカム」にて開始致します。

4/29
(金) もし小学校教師がケント・ギルバートの英語発音をおぼえたら再開
21:00〜 22:00
アメリカ出身の外国人タレントとして多数のTV番組へ出演経験を持つケント・ギルバート氏。実は国際弁護士としての資格を持ち、また日米関係に関する著書も多数出版するなど、多彩な才能を持つ彼の新しい試みとして、英語という言語の特性と日本人の特徴、その双方を考慮した英語学習番組を「スティッカム」にて開始致します。

Chasing the page で、ここに内容が掲載されていました。
こちらも合わせて引用掲載しておきます。
内容
人間は3歳まで言葉の発音(音)を自然に覚えることができます。それより後に覚える場合、自然にではなく、数学のように一つの「仕組み」として覚えるしかありません。英語圏の子供は音を先に自然に覚えてから、その音を文字で表す「仕組み」を後で、小学校1・2年生の時に覚えます。
これを「Phonetics」(フォネティックス)と言います。

しかし、今まで日本の子供たちは英語を勉強する前に、英文字を「日本語発音を表す仕組み=ローマ字」として覚えてきました。英語のPhoneticsと違う仕組みなので、いざ英語を勉強し始めたら混乱します。日本の学校がPhoneticsをちゃんと教えないからです。

この番組では、先ず英語に現れるすべての音を教えます。難しくありません。日本語にはない音がいくつかあるだけの話です。最初にそれらの音の仕組みを覚えてしまえば、あとは非常に楽になります。

次にその発音を文字で表す「仕組み」を確認します。これも難しくありません。ルールとパターンと例外があって、それを覚えればいいだけの話です。

最初は大変だと思いますが、ほんの少しの間だけ辛抱して勉強すれば、長年の「英語コンプレックス」から解放される日本人が数多く生まれるはずだと、私は信じています。

スティッカムジャパン スタッフブログより http://webmaster.stickam.jp/archives/2011/03/121.html

ここで、一つ、初めて目にする単語が出てきました。

Phonetics 敢えてカタカナ表記はしません。
なぜなら日本の英語力の低迷要因に、カタカナ英語・カタカナ表記がある、という説もあるからです。
なので、実際にその耳で確かめてみてください。
Google翻訳>> http://translate.google.co.jp/#ja|en|Phonetics

意味は言語学の一分野である音声学のことを指していうようです。

しかし侮りがたし、これがもしかしたら基本中の基本、もっとも大切な部分かもしれませんからね。
listening と speaking の全てはここから始まるではないでしょうか? もしかしたら

予定を立てて視聴してみてはいかがでしょうか。
頑張りましょう!

おススメ教材などの一覧ページはこちら>> http://ebenkyo.ldblog.jp/archives/1257058.html


一年の計は元旦にあり 英語学習、試験等々

“一年の計は元旦にあり” とよく申しますが、(ウィキペディア参照
あれは真実であり、一部嘘です。

と、分けのわかんない持論をバカ丸出しで呈しますが、つまり元旦から、よし今年こそは英語の勉強がんばるぞっ!っていうのは、既に遅いってことです。

切りよく、本気で元旦からスタートするなら、もう今年のうちに、大みそかを迎える前に準備を終えていなくちゃ嘘だと考えるからです。

だって思い返しみてください。
これまでの正月、どうやって過ごしてこられましたか?
元日から、布団からでて、顔を洗って歯を磨いて、着替えて?、朝ご飯食べて、さてそれから余所見もせず、まっすぐ一目散に机に向かってカリカリとペンを走らせ、勉強に勤しんでおられたでしょうか。

・・・これまでの怠惰な自分はそうではなかったんじゃないだろうか、ただもう、だらだらと、まだ今年も始まったばかりだし、せめて鏡開きの日くらいまではゆっくりしてても・・・なんて甘い考えにどっぷりと浸かっていたんじゃ・・・

そう思うと寒気がします。ゾッとします。これまで何年も何年も同じ過ちを繰り返してきたのかと思うと。

というか、年末も正月も本来は全然勉強に関係なし。暦的にはそうでも、日常的生きてく上では平日となんら変わりないんですから。

大みそかも息して自分の選択で行動を起こし、正月も息をして自分の選択で行動する。毎日の積み重ねこそが次の一日を変えられる力を持っているんですから。

やりましょ、すぐにやりましょ。決断しましょ。

社会人語学勉強者なら、尚更いいきっかけでしょ。ボーナスも出たことでしょうし。うらやましい。SOHOの自分にはそんなの一切なしですからね。

さあ、天使も悪魔も小柳も問います。

さあーどーする? ってね

「1年でTOEIC 900! 正統派の英語学習プロジェクト」

教材の提供者である鈴木拓さんから、「1年でTOEIC900! 正統派の英語学習プロジェクト」についての解説をいただいたので紹介させていただきます。


続きを読む

正統派の英語学習プロジェクト

1年でTOEIC 900 「正統派の英語学習プロジェクト」リニューアル

その後、リニューアルをおえて、さらに利用しやすくなりました。

 ポイントは?

これまでの内容は
 1.英語学習法解説PDFファイル
 2.追加情報アップデート
 3.わからないところを質問できるサポート制度
で、16,800円となっていました。

が、そこからサポート制度を廃止し、それに伴い価格の引き下げも施し、
 1.英語学習法解説PDFファイル
 2.追加情報アップデート
  (サポートは、商品の不具合等を除き、基本的になし)
で、2,980円と更に求めやすく、手ごろになりました。

最も大変なサポート制度を廃止したことにより、大幅な値下げが可能となったのです。

 正統派の英語学習法

本気ならインターネットを駆使すれば金を掛けなくても英語は学習できる

ブログネタ
仕事が楽なら、外国に住んでもいい? に参加中!
そのまんまタイトルの通りでございます。

だって、何億サイトもネット上には英語のサイトがあるわけじゃないですか。
しかも、米のホワイトハウスのホームページから、NZ政府のホームページから、大手ニュースサイトや超有名大学のサイトまで。

かつ、文字ばかりじゃなく、音声も聞けるんですから。

President Obama on "America's Most Wanted"

そう考えてみると、教材なんか全く不必要のように思えてしまうんですけど、実はそうでもなかったりします。
何故なら自転車は街中に路上にあるけど、乗り方を知らないから。
海はそこにあるけど、泳ぎ方を知らないから。

のようなもの。

ま、独学でもある程度のところまではいけるのでしょうけども。
やれることをやる、やれることはやる、やれないことでもやってみる。

頑張りましょう。

40代からの英語学習の壁

40代後半

中年になってからの英語習得は無理なんでしょうか?

いや、決して無理なことではないと思います。
ただ、勉強する上で、学生時代と違い、集中してできない、あるいは出来るシチュエーションがない、ということだろうと思います。

なので、それを克服する最も有効な方法は環境を英語圏にしてしまうこと。

でもそれがなかなか難しい。

そこですよね、問題は・・・。

自分も毎日、かかさずYouTubeで英米の動画を、特にレベルにあうような動画を見るように心がけています。
耳と唇と、表情から、動画での勉強は非常にいい教材だからです。

ま、対話が出来ないのが弱点と言えば弱点、ウィークポイントですが。

それでもせいぜい頑張って20分から30分くらいなものでしょうか。

やっぱり限界というか、障害というか、いろいろとあるわけです。

で、考えました。
有線放送やラジオみたいに(自分の場合自宅が仕事場なので)、一日中ほったらかしで英語のおしゃべりが流れてくるっていうアイデアはどうかと。

ただ、今のところポッとした思いつきでしかないので、一体どうしたらいいか全く方法がつかめませんが 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

とりあえずは、コンポをリピート機能のついたものに新しく買い替え、遼くんおすすめのスピードラーニングを繰り返し流しっぱなしにしておくところからやってみようかと思ってます。


さてさてどうか、 頑張りましょう。

英語学習のブレークスルーを起こし、さらに飛躍しようとするなら

正直、これ以上、英語の勉強をしていくことに「限界」を感じてました。

ネイティヴに英語で話しかけても
自分の思っていることをうまく伝えられない・・・。

そもそも、英語が伸びているという実感がまずなかったからなんです。

正直、絶望的でした。

この方法を知るまでは・・・・

http://zz.tc/visionenglish


この方法というのは、いわゆる、今まで学校でやってきた詰め込み式の丸暗記だとか、英語をとにかく聴き続けるとか、そーゆーものではなくて、テキスト、音声、動画を効果的に使うことで、英「会話」力を中心に総合的な英語力を身に付けていくというものなんですが、今までの英語学習法の常識をあっけなく覆されました。

あー英語はもっと楽しんでいいものなんだということが実践したからこそ、わかりました。

これまで英語に不安だとか疑問を抱いてきたのであれば、尚更のこと、一度ご覧になることをお勧めします。

http://zz.tc/visionenglish
Archives
Recent Comments
Search
livedoor プロフィール

hayato

TagCloud