(エル) と (アール) の発音。

誰もが行き着く壁、発音、発声する上で必ずといっていいほど、ぶち当たる壁ですよね。

とりわけ舌のよく回らない、滑舌(かつぜつ)の悪い、自分なんか、特に、難題。高〜い壁、分厚い壁なのであります。

ある、先生の調査によれば
実用英単語7,116語を分析した結果、LとRの使用頻度は、なんと全体の82.3%にまで達するそうです。
すなわち100個の単語が使われたとした場合、LあるいはRの数が82回以上出てくる計算になるというのです。
また、ちなみにですがLとRを入れ替えると、別の単語になってしまうものが、これまた500語近くもあるそうです。

これは何としてでも克服しなくてはいけない、避けては通れない道、でもありますね。

果敢に挑戦しなくては!


でも、少しばかり手助けを必要とさるようなら
これは参考

英語のLとRの発音を瞬時に矯正する道具(特許取得)


がんばりましょう!!

人生最後の最後まで勉強です。
楽しくね