ブログネタ
資格を取るぞ! に参加中!
こんな情報はいかがでしょう。参考になったらうれしいのですが

gooランキングに「2009年に取ってみたいと思う資格ランキング」というのがアップされていました。
>>http://ranking.goo.ne.jp/ranking/015/experience_2009/


順位   資格名
 1位  TOEIC ☆
 2位  漢字能力検定
 3位  簿記検定
 4位  ファイナンシャルプランナー
 4位  P検-パソコン検定試験
 6位  行政書士
 7位  マイクロソフトオフィススペシャリスト
 8位  初級システムアドミニストレーター
 9位  TOEFL ☆
10位  宅地建物取引主任者
11位  社会保険労務士
12位  司法書士
12位  カラーコーディネーター検定試験
14位  税理士
15位  中小企業診断士
16位  公認会計士
17位  インテリアコーディネーター
18位  証券アナリスト
19位  旅行業務取扱管理者
19位  介護支援専門員(ケアマネジャー)

ざっとこんな風な感じなのですが。
この中のトップテン内に英語関連の資格が2つ入っていますよね。

はい、おなじみの TOEIC & TOEFL の2つです。

しかし、あれ、あれ・・・? そう思われませんでしたか?

そう、英検です。


男女別のデータもありましたのでそちらを覗いてもみました。が、日本語に関する、文章能力やワープロ検定はランクインしていても、どこをどう探しても、はたまたかつ目してよく見渡しても、英検の文字はどこにも見当たりませんでした。

これって一体どういうことなんでしょう…?

ただ、「2009年こそチャレンジするぞ!と思う資格ランキング」の第2位、“英語に関連する資格”の、括弧書きの中に微かに探していた二文字を見つけることができたのですが・・・。

わが国が誇る、英語に関する権威的資格が。

そうは言っても現実、受験者数は年度を追うごとに減少している傾向にあるのが実態のようです。
 英検−受験の状況

いずれにしても、資格試験の人気がどう、ということは二の次かとは思いますが、もう少しアピールしないと、日本全体の英語力の底上げを図る上で、そのシンボルたる英検が取りたいと思われる資格試験のランキングにランクインされてこないのは、非常に懸念し、また非常に残念この上ないことなのであります。

ま、英語を勉強して、持ってる資格によって、どうということはないでしょうけど。
問題は話せるようになって、会話できることでその先に何を見出すのか?ということだろと考えます。

 Let's try ! 

 目的はその先にある。
 言語は目的を果たすための一つの手段、ツールなのだ。

みんな! ファイトだぜ

英語が自由に話せるようになり、TOEIC の点が確実に上がる待望の英語習得システム(特許申請中)