英語学習番組「もし小学校教師がケント・ギルバートの英語発音をおぼえたら」が4回にわたって配信されると言うニュースを見つけました。

ケント・ギルバート、英語のライブ授業でPhoneticsからレッスン 情報配信元:リセマム

その配信先のStickamの“もしケン”ページはこちら
>> http://www.stickam.jp/profile/kentg

若干参考までに配信予定を転載紹介しますと
4/1
(金) もし小学校教師がケント・ギルバートの英語発音をおぼえたら
21:00〜 22:00
アメリカ出身の外国人タレントとして多数のTV番組へ出演経験を持つケント・ギルバート氏。実は国際弁護士としての資格を持ち、また日米関係に関する著書も多数出版するなど、多彩な才能を持つ彼の新しい試みとして、英語という言語の特性と日本人の特徴、その双方を考慮した英語学習番組を「スティッカム」にて開始致します。

4/8
(金) もし小学校教師がケント・ギルバートの英語発音をおぼえたら再開
21:00〜 22:00
アメリカ出身の外国人タレントとして多数のTV番組へ出演経験を持つケント・ギルバート氏。実は国際弁護士としての資格を持ち、また日米関係に関する著書も多数出版するなど、多彩な才能を持つ彼の新しい試みとして、英語という言語の特性と日本人の特徴、その双方を考慮した英語学習番組を「スティッカム」にて開始致します。

4/15
(金) もし小学校教師がケント・ギルバートの英語発音をおぼえたら再開
21:00〜 22:00
アメリカ出身の外国人タレントとして多数のTV番組へ出演経験を持つケント・ギルバート氏。実は国際弁護士としての資格を持ち、また日米関係に関する著書も多数出版するなど、多彩な才能を持つ彼の新しい試みとして、英語という言語の特性と日本人の特徴、その双方を考慮した英語学習番組を「スティッカム」にて開始致します。

4/29
(金) もし小学校教師がケント・ギルバートの英語発音をおぼえたら再開
21:00〜 22:00
アメリカ出身の外国人タレントとして多数のTV番組へ出演経験を持つケント・ギルバート氏。実は国際弁護士としての資格を持ち、また日米関係に関する著書も多数出版するなど、多彩な才能を持つ彼の新しい試みとして、英語という言語の特性と日本人の特徴、その双方を考慮した英語学習番組を「スティッカム」にて開始致します。

Chasing the page で、ここに内容が掲載されていました。
こちらも合わせて引用掲載しておきます。
内容
人間は3歳まで言葉の発音(音)を自然に覚えることができます。それより後に覚える場合、自然にではなく、数学のように一つの「仕組み」として覚えるしかありません。英語圏の子供は音を先に自然に覚えてから、その音を文字で表す「仕組み」を後で、小学校1・2年生の時に覚えます。
これを「Phonetics」(フォネティックス)と言います。

しかし、今まで日本の子供たちは英語を勉強する前に、英文字を「日本語発音を表す仕組み=ローマ字」として覚えてきました。英語のPhoneticsと違う仕組みなので、いざ英語を勉強し始めたら混乱します。日本の学校がPhoneticsをちゃんと教えないからです。

この番組では、先ず英語に現れるすべての音を教えます。難しくありません。日本語にはない音がいくつかあるだけの話です。最初にそれらの音の仕組みを覚えてしまえば、あとは非常に楽になります。

次にその発音を文字で表す「仕組み」を確認します。これも難しくありません。ルールとパターンと例外があって、それを覚えればいいだけの話です。

最初は大変だと思いますが、ほんの少しの間だけ辛抱して勉強すれば、長年の「英語コンプレックス」から解放される日本人が数多く生まれるはずだと、私は信じています。

スティッカムジャパン スタッフブログより http://webmaster.stickam.jp/archives/2011/03/121.html

ここで、一つ、初めて目にする単語が出てきました。

Phonetics 敢えてカタカナ表記はしません。
なぜなら日本の英語力の低迷要因に、カタカナ英語・カタカナ表記がある、という説もあるからです。
なので、実際にその耳で確かめてみてください。
Google翻訳>> http://translate.google.co.jp/#ja|en|Phonetics

意味は言語学の一分野である音声学のことを指していうようです。

しかし侮りがたし、これがもしかしたら基本中の基本、もっとも大切な部分かもしれませんからね。
listening と speaking の全てはここから始まるではないでしょうか? もしかしたら

予定を立てて視聴してみてはいかがでしょうか。
頑張りましょう!

おススメ教材などの一覧ページはこちら>> http://ebenkyo.ldblog.jp/archives/1257058.html